ナプキンのかぶれはこれで解決【お悩み解消辞典】

自分でも治せる

ウーマン

工夫することで得られるメリット

膣のゆるみは加齢や出産などが原因となっていることが多いですが、特に出産後に膣のゆるみを感じるようになったとか、夫に指摘されたという女性が多くいます。膣のゆるみの原因には骨盤底筋が大きく影響していると言われています。骨盤底筋は内臓を支えている筋肉のことで、膣や肛門を締める役割もしています。しかし、出産によってこの骨盤底筋も大きなダメージを負ってしまうことがあり、その結果膣のゆるみも起こってしまいます。膣のゆるみを改善するには骨盤底筋を鍛えることが効果的で、女性に多い尿漏れにも効果があるとされています。骨盤底筋を鍛えるには、意識して肛門を引き締める体操を行うことが良いとされていますが、毎日継続して続けることが大切です。また、尿漏れが起こる可能性もあるので、ナプキンのかぶれといったトラブルが併発する前にゆるみ対策が重要になります。ナプキンのかぶれ対策アイテムも手術以外の方法として活用してみるのも重要でしょう。

現在の取り組みついて

骨盤底筋体操などでも膣のゆるみが解消されない場合は、形成外科などで膣の縮小手術を受ける方法もあります。最近では美容クリニックなどでも形成外科の診療を行っているところが多くあるので、普通の医療機関を受診するのに抵抗がある人は美容クリニックがおすすめです。美容クリニックでは多くの場合予約制となっていますし、クリニックの医師やスタッフなども女性ばかりのところが多くあります。女性特有の悩みに関しては、誰にも言えずに悩んでいる人も多くいますが、意外と同じような悩みを持っている人が多くいますし、手術を受けることによって夫婦関係が良好になる人もいます。術後は1〜2か月のダウンタイムが必要となりますが、その後は問題なく性交渉もできるようになります。

改善していく

お尻

膣のゆるみに悩んでいる女性はたくさんいます。人によって症状は異なりますが、日々努力することで改善することが出来るものです。万が一改善が出来ない場合は手術という選択肢もあります。

詳細へ

外科に行く

悩むレディ

トレーニングやストレッチによって膣のゆるみが改善されることがありますが、されないときは形成外科に行くという方法があります。他にも膣トレという方法で改善することも可能です。

詳細へ

身体の悩み

笑顔の婦人

膣のゆるみは様々なことが原因で置きます。出産や加齢、体型などが関係をしてきます。膣がゆるいことでパートナーとのセックスを楽しむことが出来ない場合があります。婦人科形成へ通い膣のゆるみを改善しましょう。

詳細へ