ナプキンのかぶれはこれで解決【お悩み解消辞典】

身体の悩み

笑顔の婦人

膣のゆるみ改善で得られるメリット

出産後に膣がゆるくなってしまう人が少なくありませんが、膣のゆるみが起こる原因はそれだけではありません。たとえば加齢の影響や太りすぎなどによっても、膣のゆるみが起こるケースがあります。ゆるみが生じると、性的な快感を得にくくなりますので、それが理由でセックスレスになり、なかなか子供に恵まれなくなってしまうことがよくあります。また、子宮や膀胱が下垂してくるようになり、頻尿に悩まされてしまうようになるケースも多いです。そのまま放置しておいたとしても生命に関わるようなことはありませんが、治してしまった方が快適な生活を送りやすくなります。どこへ行けば治療してもらえるのかわからないという人が多いですが、婦人科形成治療を行っているクリニックへ行けば、治療を受けることができます。

レーザーで治療する人が多い

膣のゆるみを改善する治療方法には様々な種類のものがあります。昔からよく行われてきた方法としては、メスを用いる膣縮小手術があります。伸びてしまった皮膚を切除した上で縫い縮めますので、確実にゆるみの症状を改善することができます。お腹に傷が残ってしまうのではないかと心配する人がいますが、膣口から治療を行いますので、皮膚に手術の傷跡が残ってしまう心配はありません。ただし、これから出産の予定がある人は、この方法で治療を受けることができません。最近、利用されるケースが多くなってきたのは、レーザーを用いて治療する方法です。膣の中に特殊な器具を挿入してレーザーを照射する方法なのですが、膣壁の細胞内のコラーゲン生成力を高めることができるため、単にゆるみを解消できるだけでなく、膣そのものを若返らせることができます。